会社紹介

コミュニティーCAFE&農家のキッチンLABO Farm to...について

Farmtoについて

 弊社では、6次産業化として農産物の加工ができる加工施設と飲食ができるカフェ「コミュニティCAFE&農家のキッチンLABO Farm to...」の運営もしています。
 加工施設では、ピューレや皮むき、乾燥をはじめとする農産物一次加工からパスタソースやジャムなどのOEM(Original Equipment Manufacturer)も請け負っています。もちろん、Spiced Pear Jam(全5種)や麹などの自社商品の開発にも力を入れ、催事の際やギフトセットとして販売しています。
 カフェでは、梨カレーや梨と甘酒のミルクスムージーなど、自社や近隣農家の食材をふんだんに使用した農家ならではのメニューを提供しています。
 ここから地域に雇用が生まれたり、特産物が生まれたりするような波及効果のある"産業"を目指します。


→Farm to...のメニューを見る

コミュニティCAFE&農家のキッチンLABO Farm to...の名前の由来

 Farm to...には、大きく分けて、2つの施設があります。農産物加工ができる加工所と飲食ができるカフェスペースです。
 「農家のキッチンLABO」は、「6次産業化に挑戦してみたいけど、資金やスキルの面を考えるとなかなか・・・」と二の足を踏んでいる農家さんや「近くで小ロットの農産物一次加工をしてくれる業者さんを探している」というメーカーさんなどの声を聞き、実験的に加工して、それを形にする施設になっています。
 「コミュニティCAFE」では、一般の方が飲食できる施設に限らず、情報発信基地という機能も兼ね備えています。農家のキッチンLABOで加工したものをこちらにもってきてバイヤーさんやシェフにお披露目したり、食を応援する行政の方々が会議をしたり、食に関わる人が集うスペースとしても活用されています。
 「Farm to」は、「Farm-to-table(農場から食卓まで)」というアメリカ発祥の考え方を取り入れています。
 「...」は、これからの可能性を表しています。例えば、Farm to...で詰め合わせギフトをつくれば、Farm to GIFTになったり、セントラルキッチンとして、パスタソースをつくれば、Farm to KITCHINになったり、この施設から様々な可能性がうまれて欲しいという意味で「...」になっています。


施設の具体的な活用イメージ

●「農家のキッチンLABO」
 例えば、規格外のトマトを加工したいという農家さんの場合、弊社にそのトマトを持ってきて頂き、ピューレや湯むきなどの一次加工をしたり、OEMとしてパスタソースなどの最終商品(製造~パッケージ)にしたり、可能な範囲で農家さんのご希望に合わせて加工受託を承ることができます。
 <実例紹介>
梅のピューレ、かぼちゃのピューレ、ゆで落花生、ビワの皮むき・種除去、ドライフルーツ、マスタード、カレー、ジャム、宅配弁当(ランチボックス)、ロールケーキOEM、ドレッシングOEM、パスタソースOEM
●「コミュニティーCAFE」  
 カフェでは、地域の商品を集めて商談会を開催したり、食を応援する会議などに使用できます。

こんなものの加工受託ができます!

加工施設

  • 「菓子製造室」でできること
    例)乾燥物、ケーキ、パン、ジャム

  • 「味噌製造室」でできること
    例)味噌、麹

  • 「ソース製造室」でできること
    例)パスタソース、ドレッシング、ピューレ、マスタード、カレー

  • 「その他」
    一次処理(カット、湯むき、洗浄、ボイル)、宅配弁当


<取得済みの営業許可証>
〇飲食店営業 〇菓子製造業 〇味噌製造業 〇そうざい製造業 〇ソース製造業 
〇一般酒類販売免許 〇(食品衛生責任者)


※加工内容や金額などにつきましては、別途、お問い合わせください。

お米のコラム

お米が出荷されるまでを見る 美味しいお米の炊き方 恋の予感プロジェクトについて見る ちばGAP適合

梨のコラム

梨が出荷されるまでを見る 好きな梨ランキング 男女が梨についての質問に答えている様子 梨狩りをしている2名の大人 まとめ買い※スプレッドシートではなく、エクセルファイルをダウンロードして編集してください。

CAFE&加工のコラム

ABOUT US

(株)アグリスリーについて Farmtoについて 城山みのり園について

 

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

商品カテゴリ

お米

加工品

ページトップへ