梨の生長ストーリー

梨の栽培スケジュール

梨の年間スケジュール 美味しい梨を収穫するためには、しっかりとした下準備が必要です。梨の場合、1年かけて準備します。味を左右するのは、その年の天候もありますが、この下準備にどれだけ熱心に取り組めたも重要なポイントです。夏場に収穫できる梨は、日々の積み重ねのたまものということですね。梨の栽培スケジュールを一覧にすると、こんな感じになります。少し専門的な言葉もでてきますが、梨農家はこの時期にこんな作業をしているのかくらいの感覚で読んで頂けると幸いです。また、梨の作業をする方は、この作業にはこういう意味があってこんな感じでやるのかくらいの参考程度に読んで頂けると幸いです。


剪定・誘引(12月~2月)

 剪定・誘引(せんてい・ゆういん)は、「伸びすぎた枝を切り落としたり、太陽や風通しが良くなるようにワイヤーでつくられた梨棚へ均等に枝を固定していく作業」です。冬場の寒い時期に行う理由は、樹液の動きが鈍いためです。
 剪定では、側枝の更新や不要な徒長枝、側枝・主枝先端の切り返しを行います。樹勢管理や樹形を整えるために行う切り返し剪定作業は、基本的に、主幹側は、弱めに切り返し、主枝先端に向かうにつれて、強めに切り返すようにします。切り返す強度は、枝の太さによっても異なるので、経験が必要です。切り口は、トップジン、もしくは、ボンド(当園の場合、墨入りボンド)で塞ぎ、病気や害虫を予防します。
 誘引は、来年の枝の伸びしろや実の付き方をイメージして、枝がバランス良く配置されるように梨棚に固定していきます。側枝先端は、樹勢を保つため斜め上に向くように誘引します。この角度は、主幹側は緩く、主枝先端にいくにつれて、角度をつけていきます。


花芽整理・接ぎ木(3月)

 花芽整理(はなめせいり)とは、「実をつけたい場所だけ花芽を残し、あとの不要な花芽を取り除いていく作業」です。花芽と葉芽の違いを見分けるのは、慣れないと少し難しいかもしれませんが、花芽はぷっくりとしていて、葉芽は、尖っている感じです。結果枝の真上や真下についている花芽は、実をつけたときに軸が折れやすいため、優先して除去していきます。当園の場合、1本の側枝に、バランスよく10個~15個ほどの花芽を残します
 接ぎ木とは、既存の木に別の枝を接ぎ木して育成することをいいます。相性もありますが、既存の木と違った品種でも接ぎ木することが可能です。「梨の木オーナー制度」では、自分好みの品種を接ぎ木して、夢のような木にカスタマイズすることも可能です。


摘蕾・交配(4月)

 摘蕾(てきらい)とは、「花が咲く前のつぼみの状態で除去する作業」です。植物全般そうですが、花を咲かさせるのには、ものすごく養分を消費します。花が咲く前に不要なものを取り除いてあげることで、余計な養分の消費を抑えることができ、美味しい実をつけることができます。
 当園の交配は、人工授粉と蜜蜂を使った授粉を行っています。風のない、天気が良い日に作業を行います。梨は、自家不親和性という性質をもっていて、同じ品種の花粉からは、授粉しにくいという性質があるため、人工授粉の花粉は、当園にない品種のものを使っています。当園では、多くの品種を栽培しているので、その点、蜜蜂でも人工授粉の手助けをしてくれます。余談ですが、梨は、桜と同じで、バラ科の植物なので、桜と似たような花が咲きます。色はきれいな白色で、においは、とても独特(あまりいいにおいとは言えません...)。


摘果(5月)

 摘果(てきか)とは、「たくさんある果実の中から、より良い果実を1つに厳選していく作業」です。軸の太さ、形、実の付く位置、1番果~6番果などを加味して決めます。果実の軸が枝から一番近い部分を1番果、下から上に順を追って、2番果、3番果...6番果となります。
 1番花の特徴は、養分が一番取り入れられるため、軸が太く、果実が大きい傾向にありますが、軸が折れやすかったり、形が横長にいびつになったりするので、優先して除去します。
1 逆に6番果は、下の方と比べ、養分がいきにくいため、サイズが小さくなります。こちらは、真上を向いている場合が多く、軸が折れやすかったり、縦長のいびつな形になりやすいため、こちらも優先して除去していきます。仮に、1番果~6番果まであるものを摘果する場合、基本的には、真ん中の3番果・4番果を残します


新梢管理(6月~7月)

 新梢管理(しんしょうかんり)とは、徒長枝を切り落とし、来年実をつける結果枝をつくると同時に、樹勢管理も行う作業のことです。地域によって、ピンチやパツパツなどの違った作業の呼び名もあります。側枝の根元側から中心部分にかけて伸びている徒長枝を切り落とします。基本的には、まだ硬化していない緑色の徒長枝を切ります。切り落とす位置は、ハカマと呼ばれる芽の上で部分で切ります。この芽から来年実をつける花芽がつくられます。ハカマがない場合は、葉っぱ3~4枚を残して切り落とします。5枚以上残すと、徒長枝に戻ってしまうので注意が必要です。


収穫(8月~9月)

 待ちに待った収穫。収穫のポイントは、色味が濃いもの、表面のつるつる感です。
 太陽の日が強くなってきてしまうと、どれも黄色みがかって見えて収穫しづらいため、早朝から収穫を開始します。もちろん、収穫したものを新鮮なうちにお届けしたいという意味合いもあります。
 表面のザラザラは、害虫を避けるためという説もあり、収穫適宜になると、害虫を避ける必要がなくなるためつるつるになっていくと言われています。
 収穫後は、病気がないか、痛みがないか、まずそうな梨がないかをチェックして、選果機で重さごとに分けていきます。その後、袋詰めや箱詰め作業をして出荷します。


元肥(10月~11月)

 元肥(もとごえ)は、「堆肥や肥料で来年度の土壌環境を整えるための作業」です。当園の肥料設計は、基本的には、有機肥料を使い、木が疲れてくる時期には、化成肥料をふっています。人間でいうところの、普段は、元気になるように納豆を食べていて、すごく疲れたときは、エナジードリンクを飲んで一気にチャージといったところでしょうか。

その他にも、お米の籾殻を梨園に還元したりしています。


コトバの意味

主幹(しゅかん)・・・・地面から主枝までの部分。
主枝(しゅし)・・・・・主幹から生えている一番太い枝。
亜主枝(あしゅし)・・・主枝から生えてる枝。
側枝(そくし)・・・・・亜主枝から生えている枝で結果枝を出す。
徒長枝(とちょうし)・・葉芽だけの枝が成長しすぎて硬化したもの。
結果枝(けっかし)・・・花芽や果実をつける枝。
短果枝(たんかし)・・・短い結果枝。
長果枝(ちょうかし)・・長い結果枝。

お米のコラム

お米が出荷されるまでを見る 美味しいお米の炊き方 恋の予感プロジェクトについて見る ちばGAP適合

梨のコラム

梨が出荷されるまでを見る 好きな梨ランキング 男女が梨についての質問に答えている様子 梨狩りをしている2名の大人 まとめ買い※スプレッドシートではなく、エクセルファイルをダウンロードして編集してください。

CAFE&加工のコラム

ABOUT US

(株)アグリスリーについて Farmtoについて 城山みのり園について

 

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

商品カテゴリ

お米

加工品

ページトップへ