お米

農業女子プロジェクト×恋の予感プロジェクト

恋の予感プロジェクトとは?

農業女子プロジェクトの一環で、「農業で女性が輝ける場をつくろう」と始まった恋の予感プロジェクト。恋の予感という女性を連想させるような可愛らしい名前のお米の品種を生産~加工~販売まで女性スタッフが中心となって行い、異業種の方々を巻き込みながら、農業自体の価値を高めていこうというプロジェクトです。平成29年度には、この活動が認められ、「農業の未来をつくる女性活躍経営体100選(WAP100)」も認定されました。


→2018年WAP100受賞経営体【PDF】

具体的にどんな活動をしているの?

●生産現場でも大活躍


お米の生産では、種まき~田植え~圃場管理~収穫まで、生産現場でもバリバリ仕事をしています。以前は、汚くて、力仕事も多く、女性がなかなか入りずらい生産現場のイメージでしたが、現在では、機械の自動化や軽量アイテム、可愛らしいファッションなどが取り入れられ、女性でも生産現場の第一線で活躍しています。農業の「働き方」や「生産現場の環境」もだいぶ変わってきました。もちろん、力仕事もありますので、全ての作業を任せるのではなく、男女協力して、お互いに補い合いながら、効率よく作業をしています。


●ストーリー性のある販路先


甘みがあり、もっちりとしていてお米らしさを味わえる恋の予感。さらに、冷めてもおいしいという素晴らしいポテンシャルも備わっています。生産に女性が携わったお米ということで、販路先も「女性活躍を応援したい」という企業様や飲食店様、個人の方々にご利用頂いています。また、おにぎりにも最適な品種であることから、「恋の予感の縁むすび」として、地域の食材の縁をむすぶおにぎりや人をむすぶおにぎりなど、なにかイベントに利用できたらいいなと妄想を膨らませています。


●美容と健康をプラス


アロマセラピストにご協力して頂き、米ぬかを使った入浴剤づくりにも挑戦しています。都内のイベントで、「米ぬか粘土で入浴剤をつくろう」とワークショップをしたところ、子供から大人まで楽しめるとお子様連れのお客様から大変ご好評頂きました。農業に美容と健康をプラスという女性ならでは目線で、農業の可能性を高めています。


●恋の予感で加工品開発


異業種とのコラボで恋の予感の純米酒を作ったり、料理研究家にご協力して頂き、味噌や麹づくりをしたり、製粉して米粉にして、自家製パンやオリジナルスイーツづくりにも挑戦しています。生産現場から加工現場まで幅広く活動しています。


お米のコラム

お米が出荷されるまでを見る 美味しいお米の炊き方 恋の予感プロジェクトについて見る ちばGAP適合

梨のコラム

梨が出荷されるまでを見る 好きな梨ランキング 男女が梨についての質問に答えている様子 梨狩りをしている2名の大人 まとめ買い※スプレッドシートではなく、エクセルファイルをダウンロードして編集してください。

CAFE&加工のコラム

ABOUT US

(株)アグリスリーについて Farmtoについて 城山みのり園について

 

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

商品カテゴリ

お米

加工品

ページトップへ