お米レシピ詳細

古代米のひとくち稲荷

古代米を使うと、色彩鮮やかな稲荷寿司が出来上がります。食べやすさも重視して、一口サイズに仕上げました。このレシピでは、柚風味と大葉風味の2種類が作れます。



材料(3~4人分)

  • 笑みの絆・・・・・・2合
  • 古代米・・・・小さじ2~3
  • 寿司酢・・・・・・・適量
  • 油揚げ・・・・・・・6枚
  • だし汁・・・・・・200ml
  • 醤油・・・・・・大さじ2
  • 砂糖・・・・・・大さじ2
  • みりん・・・・・大さじ2
  • 大葉・・・・・・・・3枚
  • 生姜の甘酢漬け・・・30g
  • 炒りごま・・・・大さじ1
  • 柚の皮・・・・・・・適量

手順

①油揚げは長い一辺を残し、他の三辺の端を切り落とし、油抜きをする。だし汁と砂糖、しょうゆ、みりんを加え、弱めの中火にかける。上下裏返しながら、汁気がなくなるまで煮る。
②笑みの絆と黒米を水でとぎ、浸水させ、通常よりも気持ち少なめの水加減で炊く。炊き上がったら、熱いうちに寿司酢を加え、切るように混ぜる。ご飯を2等分にし、一方は細切りにした柚子の皮を加える。
③もう一方には、千切りにした大葉と生姜の甘酢漬け、炒り白ごまを加える。
④炊いた揚げを破かないように開き、ラップの上にのせ、3等分にしたご飯を広げ、端から巻いていく。
⑤巻き終わったら、両端をキャンディーのようにねじり、そのまま30分ほど置き、馴染ませる。 (計6本、2種類の味の稲荷寿司が各3本ずつ出来上がる)
⑥1本あたり6等分に切り分け、器に盛る。ラップに包んだまま切ると、崩れずに綺麗に切り分けることができる。

コツ・ポイント

色鮮やかな古代米のご飯でちょっと変わった稲荷寿司に!ご飯にはお寿司にぴったりの笑みの絆を使うのがおすすめ!


お米のコラム

お米が出荷されるまでを見る 美味しいお米の炊き方 恋の予感プロジェクトについて見る ちばGAP適合

梨のコラム

梨が出荷されるまでを見る 好きな梨ランキング 男女が梨についての質問に答えている様子 梨狩りをしている2名の大人 まとめ買い※スプレッドシートではなく、エクセルファイルをダウンロードして編集してください。

CAFE&加工のコラム

ABOUT US

(株)アグリスリーについて Farmtoについて 城山みのり園について

 

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

商品カテゴリ

お米

加工品

ページトップへ